受入団体紹介

IFAA(米国国際農業者援助協会)のご紹介

IFAAの理念
IFAAの歴史と使命

International Farmers Aid Association(IFAA)は、アメリカ合衆国の社団法人(非営利団体)で世界農業者の為の研修生育成プログラムを実施している協会になり、この協会の初代会長には“ライスキング”で知られる故・国府田敬三郎氏で、外国から来る農業者を援助する事から発足しました。

1952年からスタートしたこの研修プログラムは、現在に至るまで4,500人以上の研修生が参加しております。近年では、農業後継者だけでなく一般企業に就職を希望する学生や「自分磨き」と称して希望する学生、特に女性の参加が年々多くなっております。また研修を無事に修了した研修生達は、自分で自分のやりたい道を発見し、日本や海外などの広い分野で現在活躍しております。

IFAAの基本理念は、「Learning by Doing(働きながら学ぶ)」です。

ただ知識だけでの技術を持っていても人間の内面が出来ていなければ実際に社会に出た時、良い結果は生まれないのです。百姓と言うのは百の姓と書くように農業には百の仕事があり、学ばなければならない事がたくさんあります。例を挙げれば、酪農は機械、建築、土木、土壌、環境、病理、植物生理、肥料、飼料、会計、経営などの様々なエッセンスがあります。農業という仕事は人間の基本的な仕事ですから、どの人でもこの一年の研修経験が必ず今後に生かせるのです。従って、これから就農しようとする方はもちろん、その他の分野で就職をする方が、一年間この米国の地で自分の足でしっかりと立ち、厳しい自然の中で様々な経験をすることは大変なことであるが、この「経験」こそが将来のみなさんの「糧」になるのです。この研修を通して、自分自身を見つめ直し、自立心を養い、汗を流す事を惜しまないヒトになるのです。

この研修は、渡米前に研修生がしっかりとした目的意識、本人のヤル気さえ持っていれば必ず成し遂げられます。米国滞在中に米国の農家が心から農業を誇りに思っている事を学びます。これは本当に素晴らしい事です。この価値ある仕事である農業を身をもって遠く離れた米国の地で体験できる事は、人生において必ず生きてくる事と確信しております。

IFAAスタッフ紹介

スタッフ全員が農学部を卒業しており、米国での農業研修を1年以上経験しております。

そういった事から研修生の立場で細かい指導が出来るのが特徴。

また、日本における企業経験も豊富なスタッフもおり各研修生の進路に応じたコンサルティングも出来ます。

また、研修生とのコミュニケーションは、年2回の農場訪問し、2回のオリエンテーション、2回の研修(セミナー)、以上計6回研修生と接する機会をもち、研修生の抱えている問題解決に全力を尽くします。

また問題が起きても12時間以内に連絡、解決できるような対応をしています。

皆さんとお会いできることを楽しみにしています。IFAAスタッフ一同